Topブログのコラム>読者が増えるサイクル
2005年10月12日

読者が増えるサイクル

 昨日も、いわたブログ村に参加させていただきました。
 昨日のいわたブログ村の状況に関しては別ブログに書いたので省略するとして。

 ブログ村が終わったあと、講師の和田さんと参加者の松原さんの話を聞いていたところ
「ブログ講習会という形でやると、1回きりでそれで終了。でもこんな形だと何回も来てくれるんです。」
 という、このブログ村の形式に対する和田さんの話。

 なるほどなあ、と思いつつ、これって、従来のWebサイトとブログの関係とよく似ているな、と思った次第。 確かに、単なる講習会だったら1回行って資料をもらい、何となくわかったような気になってそれで終わってしまいます。
 でも、いわたブログ村のような、参加者のリクエストに応え、毎回変わった話を聞くことができる形式というのは、何度行っても楽しむことができます。
 楽しいがゆえに居ついてしまい、常連化する人。
 常連さんも増えてきて、その常連さん同士での交流が生まれる。
 常連さんを初め、参加者がまた新しい人を連れてくる。
 そして、また新しい常連さんが・・・
 いわたブログ村という「場」が、だんだんとふくらんでゆく。


 Webの世界で言ってみれば。

 従来Webページの場合、1回見たら、たいていの場合それで終わり。
 ブックマークまでして何回も訪問するというのは、めったにない事でしょう。

 しかし、気に入ったブログの場合は、RSSリーダーに放り込んで、更新のたびに見に行ってしまいます。
 毎回、何か面白い事があるかな、と期待して。
 そしてそのブログにコメントやトラックバックしているうちに、そのブログで知った他のブログも見に行ったり、また自分のブログで紹介することで、自分の読者がそのブログを見に行くようになったりします。

 ホントよく似ているな、と。

 ただ、単にブログを使いさえすれば、こんなサイクルができあがるかというと、それは難しい話でしょう。
 定期的にレベルの高い話を聞けるからこそ、毎回ブログ村に参加してしまうし、知人を誘ったりしてしまうのですから。

 ブログにおいて、コンスタントに、ある程度のレベルの記事を書いてゆくというのは、なかなか難しい話ですけどね。


posted by 深田 at 14:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログのコラム | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
いつもご参加ありがとうございます。
レベルの高い話…というよりも“おもろい話”を心がけております(笑)

期待感の持続と期待を裏切らないサービス提供。
これって、ブログやWebサイトに限った話ではありませんよね(^_-)-☆
Posted by ダンディ☆和田 at 2005年10月12日 18:12
でもWeb的手法よりもブログ的手法の方が、やりやすい、と(^_-)
Posted by 深田 at 2005年10月12日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。