Topインターネット>うなポンとかエグゼとか
2005年09月09日

うなポンとかエグゼとか

 「パソコン通信」なんて言葉、知らない人が大部分なんでしょうね。
 ほんの十数年前くらいまでは、ネットと言えばパソコン通信だったんですけど。

 と、ちょっと感傷に浸って眺めたのがこの年表。

教科書には載らないニッポンのパソコン通信の歴史 Encyclopedia of Japanese BBS Culture

 なつかしいな〜

 私がパソコン通信を始めたのは、平成になってからくらい。
 大手のPC-VANとかNifty-Serveとかの会員になったり(未だにBiglobeとNiftyの会員だったりするのですが)いわゆる草の根ネットに接続してみたり。

 と言っても当時、大手のパソコン通信でも、アクセスポイントは市外の浜松しかなかったし、近くの草の根ネットと言っても浜松の「遠州うなポンPC」くらいしか無く(遠州うなポンPCのサイトがあるのですがまだ稼働しているのでしょうか?)、ちょっとはまると電話料金がすごいことになってしまたのですが。

 その後地元掛川にもパソコンショップエグゼが運営した「エグゼネット」というのが開局され、やっと3分10円の低価格でパソコン通信を楽しむことができるようになったのですが、それからしばらくしてインターネットが流行りだしだんだん疎遠になってしまったので、「エグゼネット」などの末期は知らない。
 ちょっと前にエグゼも閉店してしまったし。

 たぶん当時パソコン通信をやっていた人は、どこでやっていたい関わらず、この年表を懐かしく見る事ができるのではないかと思います。

 それにしても、もう20年近く経つのか。
 時の流れる早さというのは、早いものですね。 
posted by 深田 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。