Topビジネスブログ>意外と検索されている地元ワード
2005年08月22日

意外と検索されている地元ワード

 以前、ローカルスポットのことにふれた記事を書き、そのあとにその検索ワードでそこそこアクセスが増えるだろう、と言う記事を書いたのですが、実際その検索ワード経由でのアクセスが増えてきています。

 思ったよりも、ローカルなキーワードが検索されているようです。

 検索されているローカルワードというのは「磐田の湯」「浜松餃子」「掛川道の駅」などですが、いままで一番多かった検索ワード「Seesaa カスタマイズ」に勝るとも劣らない検索回数です。

 実は2〜3年くらい前から、地元ネタのサイトを作成して運営しているのですが、そのころの感触として「ローカルなワードを検索する人は少ない」という感じがあったのですが、やはりそのころと比べてインターネット人口が増えたことで、地元のこともネットで検索する人が増えてきたのでしょう。

 ただ、ネットで検索する人が増えてもそれに比例してそれに関するサイトが増えていれば、そう簡単には検索されないのでしょうが、まだまだ地方の事柄について触れたページというのは少ないので、そう言った検索ワード経由のアクセスが見込めるのでしょう。
 (ブログがSEOとして、良くできているせいでもあるのですが)

 改めて、地元ネタを取り上げる重要性というのを認識しました。
 これは私が住んでいる地方特有の傾向であるはずはないので、地元密着型のビジネスブログというのは、これからさらに仕事に役立つツールとして、有効になってくるでしょう。

 とは言っても、単に地元ワードを羅列すればよいわけではない、という点に注意した方がよいでしょう。
 その検索ワード経由できてくれた方に、何か少しでも持ち帰ってもらう。
 それがリピートにつながるわけですから。
 逆にその検索ワードできた方をがっかりさせてしまうと、評価を下げる可能性もあるわけで。

 ローカルワードを取り上げる場合には、特に気をつけた方が良いところではないかと思います。


posted by 深田 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスブログ | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。