Topインターネット>オープンソースのSNS
2005年08月04日

オープンソースのSNS

 総務省、情報フロンティア研究会の報告以来、ブログとSNSと地方行政がセットで語られる記事をよく見かけます。
 この記事もそうです。
BlogとSNSは行政と市民をつなぐことができるか : IT Pro 記者の眼
この記事で、興味を引かれた部分が
 実は,八代市で使用しているSNSのソースコードは「open-gorotto」として無償公開されている。小林市は,SNSを他の自治体にも使ってもらうとともに,各自治体のSNSがつながる仕組みを実現している。さらに,複数のサーバーがつながる仕組みまですでに実装した。他のサーバーに登録されているユーザーを友人として登録したり,他のサーバーに登録していなくても,友人がいればログインしたりすることができる。

地域密着型ソーシャルネットワーキングサイト open-gorotto - トップページ
open-gorotto配布ページ

 これを使えば、小規模SNSができあがるわけです。
 ちょっと面白そうですね。 


posted by 深田 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | インターネット | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

にわかに熱くなってきたSNS
Excerpt: ITProにこんな記事がありました。総務省のSNS事業をNTTデータ子会社が受注http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20050822/166646/総務省..
Weblog: SIP何でもブログ
Tracked: 2005-08-24 00:22
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。