Topよしなしごと>田舎も便利になったモンだ
2005年07月13日

田舎も便利になったモンだ

駅前の既成概念にビックリのコメント欄きむさんと、いろいろやりとりしているのですが日本の大都市圏は総人口の何%を占めている?という記事をトラックバックしていただいて思ったこと。
 「このあたりも便利になったな」と きむさんの、大都市圏の人口比率に関しては、ツッコミどころもあるのですが(^^ゞ、まあおおむね、そんなところかな。
 日本の人口の約3分の1が都会に住んでいて、その他3分の2が地方に住んでいる。
 面積比で考えたらどうなんだろう。
 8:2の法則で、面積2割の中に8割の人口がいるのかな。
 なんとなく日本の場合、もっと集中度が高いかも。

閑話休題
 片田舎に住んでいても、昔からそれほど都会ってものに「あこがれ」ってものは感じていなかったのですが、唯一けなるい(このあたりの方言でうらやましい)と思ったのがネット環境。
 15年くらい前に「パソコン通信」というのに出会って、それ以来ネットとつきあっていたのですが、当時のネット環境といったら・・・
 市内にいわゆる草の根ネットとか大手パソコン通信のアクセスポイントなんてあるはずもなく、比較的都会の浜松にあるネットに、電話料にびくびくしながらつないでいたころ。
それに比べたら、「このあたりも便利になったな」と

 とはいえ、光はまだ来ていないし、フレッツモアでもたかだか2M程度。
 でも、普通にネットを使うのにはさほどストレスもないわけで。

 そういった面では、田舎暮らしも悪く無くなったな、と思った次第。

 まあ、いろいろと「しがらみ」ってやつもあるけどね。


posted by 深田 at 19:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
おお、わざわざ記事にまでして頂けるとは^^
ありがとうございます。

あれは話の定義がすでに深く調べる事を捨ててるので私がツッコミたい位でf(^^;
面積比はそれ位なのかも知れないですね・・・平地が少ない国ですし。

一昔に比べれば、流通が発達し情報経路が格段に発達してる現代では何処に住んでてもそんなに困らないですよね。日本は『中心』と『地方』の格差が他のアジア諸国よりも無いのかなぁ?なんて思ったりしました。
Posted by きむ at 2005年07月14日 00:49
>一昔に比べれば、流通が発達し情報経路が格段に発達してる現代では何処に住んでてもそんなに困らないですよね。日本は『中心』と『地方』の格差が他のアジア諸国よりも無いのかなぁ?なんて思ったりしました。

そうですね、交通のインフラは結構整っていますから。
情報関係のインフラもだんだん格差が無くなってきたのはありがたいところです。
うちのうちの辺りでも、やっと光が来るとか。
ただいまどうするか検討中。
Posted by 深田 at 2005年07月15日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。