Topブログのコラム>小学校ブログ
2005年06月06日

小学校ブログ

ブログの活用は小学校でもされているそうです。
asahi.com: 小学校からブログ発信 「交流広がる」導入増加 - 教育 
インターネットのブログを活用する小学校が増えている。普通なら接点がない遠方の人と交流が始まったり、より多くの人のアイデアを募って問題解決の糸口を見つけたりするケースもある。ただ、さらに利用が広がるには、トラブル対策も必要となりそうだ。


 小学生にブログを書かせていたり、校長先生が書いていたり、教育委員やPTAが主体になったりと使われ方は様々のようです。

  一方、愛知県一宮市教委は、交流の可能性よりもトラブル防止を優先する。市立の小中学校のホームページには掲示板があるが、校外から書き込みができない仕組みになっている。悪質な書き込みや広告が入り込むのを防ぐためだ。ブログについても同様の考えで、導入する予定はない。

 先生方が使ったり、PTAが主体というのならば悪質な書き込みや広告が入ってもチェックが出来るでしょうが、子供主体の場合どうなんだろう。
 記事内の例のブログはうまく運用されているようでしたが、やっぱり一抹の不安は感じます。
 コメントと、トラックバックを受け付けない設定にしておけば良いとは思うのですが・・・。

 インターネットとかブログとか非常に便利な物ですけれども、反面恐ろしい面もあります。
 うちの中学生の息子もぼちぼちインターネットに興味を示してはいるのですが、まだ手放しでインターネットを使わせるというのは、まだちょっと早い気がしています。

 心配しすぎかな。


posted by 深田 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログのコラム | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。