TopSeesaaブログカスタマイズ>ページタイトルを省略する
2005年03月09日

ページタイトルを省略する

アフィリエイトブログ初心者から始めよう:サブページのタイトルからサイトタイトルが削除出来た。からトラックバックをいただいた。
いつも気になっていたのですが、
例えばゴッゴルからデースケドガー
っていう記事を書いても、
その記事のページのタイトルが

アフィリエイトブログ初心者からはじめようゴッゴルからデースケドガーへ

っていう超長いタイトルになっていたのが気になっていたのですが、
今回seesaaで追加されたhtmlの機能で出来そうです。
なるほど、ブログ名が長いとSeesaaのタイトル付け
「ブログタイトル:ページ(カテゴリ)タイトル」
という形式はあまり歓迎されないらしい。

以前ブログ記事タイトルの文字数で書いたとおり、あまり長いブログタイトル、記事タイトルというのはあまり良くない。
合わせて20数文字くらいならGoogleで省略されない。
(現在、Googleにキャッシュされているこのブログのタイトル「無料ブログでビジネスブログ」のカタカナ部分が一部半角になっていて、タイトルがすべて表示されていないページも多い。半角カタカナにした覚えがないのに、ちょっと不思議に思っている。)

しかし「今更ブログタイトルを短くするのも」ということで、そういったHTMLの変更もありでしょう。
「アフィリエイトブログ初心者からはじめよう」さんでは今ひとつうまくいかなかったようだったので、実際にやってみた。

<title><% blog.title %><% if:extra_title %>: <% extra_title %><% /if %></title>

<title><% if:extra_title %><% extra_title %><% else -%><% blog.title %><% /if %></title>
に変更すればたぶんOK。

やってみてください。


この記事へのコメント
ありがとうございます。
出来るようになってうれしいです。
ifタグは何の言語ですか?
googleで調べたのですが
分かりませんでした。。。。
教えてください。
Posted by アフィリエイトブログ初心者 at 2005年03月09日 23:26
簡単に言うと<% %>で囲まれた部分がプログラムのようになっています。

元は

 タイトルタグ
<% blog.title %>
 ブログタイトルを代入
<% if:extra_title %>
 もしも、サブタイトルがあれば
:
 :を追加して
<% extra_title %>
 サブタイトルを代入
<% /if %>
 もしも終わり

 タイトルタグ終了
になっています。
これだと
「ブログタイトル」
を書いて、サブタイトルがあれば:サブタイトルを追加して
「ブログタイトル:サブタイトル」
と言う表示になります

これを

 タイトルタグ
<% if:extra_title %>
 もしも、サブタイトルがあれば
<% extra_title %>
 サブタイトルを代入
<% else -%>
 それ以外(サブタイトルがなければ)
<% blog.title %>
 ブログタイトルだけ代入
<% /if %>
 もしも終わり

 タイトルタグ終了

に変更したわけです。
これで
サブタイトルがあれば
「サブタイトル」
サブタイトルがなければ
「ブログタイトル」
と言う表示になります。

ちょっとしたプログラムですね。
Posted by 深田 at 2005年03月10日 11:18
はじめまして。
こちらの記事を参考にさせていただいているのですが、よろしければ一つ教えていただけないでしょうか?

この、タグはどの部分のHTMLに入っていますでしょうか?
コンテンツの[記事]の部分など他にも見てみたのですが見つからなくて・・・
お手数をお掛けしますが、教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
Posted by がんばるサラリーマン at 2005年03月20日 09:09
すみません。自己解決しました。
[コンテンツ]ではなくて、[HTML]で追加適応してやれば良かったんですね。

お目汚しのコメントで失礼いたしました。m(_ _)m
Posted by がんばるサラリーマン at 2005年03月20日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2335360
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。