Topブログのコラム>続きを読む機能について
2005年03月07日

続きを読む機能について

続きを読む、(追記、extend)という機能は、英字新聞で最初の数段落だけを読ませるための機能である。
したがって、日本での日記的なブログの使い方では使い方が難しい。

いままでなぜ、続きを読む、などという機能があるのか理解に苦しんでいた。

いろいろ調べてみても、
ブログ:ココログ:使い方ガイド:@niftyのように
「追記」欄を設定すれば、記事を分割して最初の部分だけをトップページに表示させ、後の部分は「続きを読む…」と省略して固定リンクページへ誘導できるので、長い文章を掲載してもページが重くなりません。
「記事が長いときは分割すれば、ページが重くならない」という説明が多い。

しかし長い記事であろうが最後まで見なければいけないのならば、別ページで見るよりもスクロールしたほうが絶対に見やすいと思う。
確かにトップページから個別ページに飛んでくれたほうが、」ページビューは稼げるだろうからそんな目的で使っている人も、中にはいるかもしれない。

しかし、この機能をつけた本来の目的というのが、よくわからなかった。

それが、英字新聞を読むコツ「2パラグラフで英字新聞を読もう!」のこの部分を読んで氷解した
英字新聞の記事というものは、見出しと最初の2〜3パラグラフを読めば、話の骨 子がつかめるように書いてあるのです。
そうです、英字新聞の書き方というのは、最初の数パラグラフ(段落)を読めば概要がわかるような書き方をしているのですね。(知らなかったけれど)

考えてみれば、ブログの始まりはアメリカでの個人ニュースサイトからですよね。
したがってタイトルと記事だけ読めば、大まかな内容はわかる。
詳しい内容を読みたければ、続きを読むで読めばよい。
そういうことだったわけですね。たぶん。

だからといって、「追記」機能を使うな、とか、英字新聞のようなブログの書き方をしろ、と言うわけではありません。
テスト的にこの記事でやってみましたが、やはり日本でのブログでは、あまり合う使い方ではないですね。

ただ、最後まで読まないとわからない記事の途中で目的もなく「続きを読む」を入れるのは避けた方がよいと思います。

posted by 深田 at 15:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログのコラム | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
なるほど!!ですね。
ビジターのユーザビリティからすると、一記事は確かに全部読めた方が良いですよね。
自分のようなダイエット日記系のブログでは追記は必要ないなぁーと思いました。
またあそびにきます。
では
Posted by ミソヂ at 2005年03月07日 23:32
コメントありがとうございます。
追記というのはビジターのユーザビリティが悪い。
使い方次第ですけど、私もそう思います。

Posted by 深田 at 2005年03月08日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。