Topよしなしごと>地域ブログサービスについて考える
2006年02月17日

地域ブログサービスについて考える

 以前メインブログとサブブログで、こちらのブログはメインブログでよそゆき、そしてサブブログは普段着のブログ、と書いたのですが、どうも最近普段着の気軽さにはまってしまいこちらのブログの更新が停滞状態です。
 本当はこれではいけなくて、普段着とフォーマルな部分というのはしっかりと両立させるべきなのでしょうが、どうもサブブログの居心地の良さにそちらの方に引きこもってしまっている状態です。

 さて、サブブログがなぜ居心地がよいかと考えてみると、サブブログのブログサービスは「「はまぞう (浜蔵)」浜松市から静岡県全域のブログポータルで、「てぃーだブログ」を運営している、浜松市にある会社が運営しているものです。
 いわば、地域密着型のブログサービスです。
 従って、このブログサービスに参加しているブログのほとんどは、静岡県内、しかも西部地域の方がやっているブログです。

 そういったわけでブログポータルの新着記事や、ほかのブログを覗いてみていると、普段着で楽しくブログをやっている人が多くいます。
 「近くのこんなラーメン屋さんに行ったよ、とか今日のランチはおいしかったよとか、こんな店良かったよ」とか。
 はっきり言って、静岡県西部地方に住んでいる人以外にとっては全く意味のない情報なのですが、その地方に住んでいるものにとってはとても役立つ情報がちょくちょく出てきます。

 また、「このブログ書いている人、面白そう」とか思ったら、実際にあって話すことも可能で、実際、このブログがきっかけで知り合いになった人も数多くできました。
 そして、気軽にコメントやトラックバックできる雰囲気があり、本当に肩に力を入れなくても済んでいる部分があるのです。

 地域におけるインターネット活用の手段として、地域SNSが注目されていますが、こういった形での地域におけるインターネット活用方法も十分有効なのだろうと思います。

 まあ、もっとも、単純に地域限定のブログサービスを作って利用者を募るだけでは、こういった雰囲気のブログサービスにはならないとは思います。
 「はまぞうブログ」の雰囲気がとてもアットホームである原因については、また項を改めて。


posted by 深田 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | よしなしごと | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

PCトラブル
Excerpt: 興味深い内容で、とても楽しく読ませていただきました。
Weblog: はろーねっと
Tracked: 2006-02-22 23:15
>>関連書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。