2005年10月19日

アクセスアップよりもリピートアップ

 どうも間違ってるんじゃないか、と思うのが、アクセスアップの努力ばかりしているブログ。

 ブログランキングなどのバナーをクリックさせる努力をしていたり、検索トラックバックをバンバン送ったり、人気キーワードを不自然に文中に入れたり。

 確かにそれによってアクセスが上がることもあるのですが、結局それは一過性のもの。
 そうして集めたアクセスというのは多くの場合、少し時間が経てば潮が引くように無くなってしまいます。

 ブログの場合、せっかく定期的に更新しているのですから、一時的なアクセス増を考えるよりも、いかにリピータを増やすか考えた方がよいでしょう。

 確かに、アクセスがなければリピーターもできないのですが、一時的なアクセスアップの方法をとると、逆にリピートしてくれないことが多いようで。
 当たり前かもしれません。
 ブログランキングのバナーをクリッククリック、とか、自分の記事と関連があっても、ほとんど内容がないトラックバック、またそのキーワードに対して検索しても、全く役に立たなかったら、そのブログに何回も行く気になるでしょうか。

 そんな小手先のアクセスアップをねらうより、一人でも「役に立ったな」とか「面白かった」と思ってもらえるような記事を、コツコツ書くことが、リピータも増え、ひいてはアクセスアップにもなる。

 もっとも、このブログもそんな努力だけはしているのですけど、「役に立ったな」とか「面白かった」って思っている人は、はたして・・・


posted by 深田 at 17:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | ブログのコラム | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。