2005年06月15日

子どもはみなブログを持て?

こんな記事
子どもはみなブログを持て! : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 報告書はこうした現状を打開し、IT社会で日本が優位に立つには、義務教育段階からネットワークで個人が発言する作法を身につけさせることが必要だと主張。あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ、と力説した。
小学校ブログで書いたように、小中学生にブログを使わせるのはどうかな?と思っていたので
生徒にブログを持たせるなら、まず先生が持つことを考えるべきだ :小林Scrap Bookには同感。

で、その記事のソース情報フロンティア研究会(第6回)においてある、情報フロンティア研究会報告書(案)にざっと目を通したのですが、「あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ」というような文面は見あたりませんでした。

ただ、34Pにこんな部分を見つけました。
こうした課題を克服する方策の一つは、義務教育課程である初等・中等教育の段階で高度なICTリテラシー教育を行うことである。個人のICT利用意識の向上にも関連するが、ICTにより実現されるバーチャルな環境を、現実社会と同じ感覚で活用すること、すなわち、サイバースペース上で実名又は特定の仮名で他人と交流することを自然の術として身につけるための教育が必要である。
一方、既に義務教育課程を修了している大多数の世代について同様の高度なICTリテラシーを授けるのは困難であるが、地道に啓発を続けるしかなく、例えばブログ等の簡便な情報発信・交流ツールの普及がその一助になると思われる。
そういった観点から今後注目されるのはSNSの動向である。ビジネス面でのSNSの将来性こそ不透明であるが、SNSは元々人と人との交流を目的としたICTネットワークであることから、地域住民の結びつきを深めることを主目的としたSNSが各地で立ち上がれば、住民のICTリテラシー向上や地域コミュニティのICT受容力強化に結びつくと想定される。例えば2007 年問題の当事者である団塊の世代の人材を活用すること等によって、地方自治体や自治会単位でのSNSが組成されることを大いに期待したい。
 たぶんこの部分が、「あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ」と言う要約になったと思うのですが、ちょっと違うんじゃないのでしょうか?

 読売新聞に釣られた気分です。

 くしくも今朝愛・蔵太の気ままな日記#p1:青学高等部の入試問題で、ひめゆり部隊については本当は何と書かれていたのかを読んだところ。

 似たような感じを受けるな〜

追記
月と太陽のおもいで。総務委員会の決定か?も同じような印象を持たれたようで。


posted by 深田 at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(2) | ブログのコラム | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。