2005年03月08日

良いタイトル、良い内容

会社にとって試算表をはじめ、いろいろなデータというのは非常に大切です。

単に毎月の売り上げだけ見て「増えた、減った」と一喜一憂してるだけではだめだというのは、このブログを読んでくださっている方は理解しているでしょう。

さて、ホームページにおいて試算表に当たるのがアクセス解析です。
Seesaaには比較的強力なアクセス解析がついています。
このアクセス解析では、日にちごと、月ごとの
・ページ別アクセス
・時間毎のアクセス
・リファラ
・検索エンジン
・検索ワード
・OS
・ブラウザ
を見ることができます。

日々「何人見てくれたのかな」と楽しみに見るのも良いのですが、それだけしか見ていないというのは
「今日の売り上げはいくら」
で一喜一憂しているのと同じす。
せっかくデータが出てくるのですから、活用しましょう。

まず、見たいのがページごとのアクセスです。

記事を投稿してから丸一日くらいのアクセスを比較して、アクセスが多い記事はタイトルが良い記事です。
今後のタイトル付けの参考になります。
(ただ、他にトラックバックしたとか、追記があると、アクセス数は増えるので、同列に比べられませんが)

それから記事を投稿した後、訪問者数に対するページビューの割合が高くなる記事というのがあります。
これは、その内容が多くの人に興味を持ってもらった結果、ほかのページも見に行ったわけです。だからそのような記事は、内容が良かった記事だと考えても良いでしょう。

良いタイトルというのは、多くの人を連れてきてくれるもの、良い内容というのは、多くのリピーターを作ってくれます。

posted by 深田 at 06:04 | Comment(2) | TrackBack(1) | ビジネスブログ | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。