2005年02月06日

ブログでは主題は最初に

主題と言うのはその記事で一番知ってもらいたいところ。
ブログではそれを記事の最初のほうに書いたほうが良い。

と言うのはブログではRSS(RDF Site Summary)と言うものを利用して、ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述している。
pingサーバーやブログポータルはこれを元にブログの新着記事などを生成している。

pingサーバーなどではタイトルのみ表示と言うところが多いが、ブログポータルなど記事タイトルに続いて要約を表示してくれるところも少なくない。また、トラックバックセンターなどと言うところでも要約が表示される。

この要約(概要とも)と言うのは、seesaaブログの場合「RDF Site Summary」と言うリンクが表示されていれば(このブログの場合右サイドバーのなか辺りにある)そこから確認できる。
表示されたなかにあるで囲まれた部分である。

これは自動的に作られるのだが、自動といっても何のことはない、記事の最初の100から200文字をdescriptionとして抜き出しているだけなのである。

したがって一番言いたいこと(主題)は、ブログにおいて最初の100字から200字の間に書いておいたほうが、興味を持って見に来てくれる率が高くなる。

ただ日本語の文章の場合、主題を最初に書いてその後その説明を続けると言うスタイルは、このブログのような説明文的なものならばさほど違和感がないだろうが、一般的なものだと「無難だが面白みが少ない」文章になってしまいがちであるので注意したほうが良いだろう。
posted by 深田 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(3) | ブログの書き方 | edit このエントリーを含むはてなブックマーク テクノラティ リンク検索結果
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。